スポーツ普及プロジェクトを開始しました。

4

 

「スポーツ普及プロジェクト」とは・・・

 

プロジェクト立案の経緯

国土の多くが山岳地帯であるネパールでは、ほとんどの学校に広い運動場がありません。体育教師も少ないのが現状です。ネパールの人たちがもっと楽しく体を動かすことができれば、健康面でも学習の面でも役立つのではないかと考えていました。そんな折、第32次ネパール派遣団(2018.4.29~5.7)の中でネパール・オリンピック・コミッションの「Tej Gurung 氏」とお会いしました。Gurung 氏は、ハンドボールのネパール、南アジアの代表を務めており、子どものスポーツに関心を持っておられます。そこで、ブッダ基金とGurung氏 とが協働し、「スポーツ普及プロジェクト」として、スポーツイベントの実施を計画することになりました。
 

プロジェクトの計画

まずは、ブッダ基金が主体となってイベントをやってみよう! ということで、以前から関係が深い「バガワティ学校」での運動会を計画しました。(バガワティ学校運営委員のチェアマンであるPrakash氏とは密に連絡を取れるので、日本にいながら計画を進めることができます。)
当時バガワティ学校は、2018年2月に起きた土砂崩れで校庭の半分を失っていたため、復旧工事を待ったうえで「運動会」を工事完成の祝賀イベントにしたいという思いもありました。

バガワティ学校運動会の方向性として
・楽しく体を動かす機会とすること(あまり勝敗が重要視されないように)
・学校と地域住民の親交が深まるように、地域に開かれたイベントとすること
を念頭に置いて、競技種目や運営方法などを検討することにしました。

 

追記(2019.3.2)

2018年11月の第33次 ネパール派遣団でバガワティ学校と「運動会」について協議を行いました。その後もPrakash氏と打ち合わせを進め、2019年2月28日の理事会で承認され・・・
「第1回 バガワティ学校運動会」は、2019年 4月~5月 の 第34次 ネパール派遣団 が訪問時に実施されることになりました!