奨学基金プロジェクト Withヘラロアカデミー

29

 

「ヘラロ奨学金プロジェクト」について

 

奨学基金設立の経緯

2018年2月、ヘラロアカデミーの Rosh Gurung氏 より、奨学基金立ち上げの提案がありました。

◊ ヘラロアカデミーのプラン(概要)

· 100万Rs(およそ100万円)を原資とする。(ブッダ基金に原資の寄付を依頼。)
· 原資を定期預金(年利12%)にし、利息(運用益)を奨学金として提供する。(原資を使用せず、持続可能な「奨学基金」とする。)
· 奨学金の受給者は、恵まれない生徒 約20人

2018年3月、ブッダ基金の理事会でヘラロアカデミーの提案について議論し、以下のことを条件に共同で奨学基金を設立することが承認されました。

· プロジェクトの詳細をヘラロアカデミーと協議したうえで、契約書を作成し、締結する。
· 契約期間を設け、契約更新時には必ず契約の見直しを行う。

 

プロジェクトの進捗

2018年5月
プロジェクトの詳細(契約書)は決定していませんでしたが、奨学金の贈与は利息が得られる1年後以降であることから、原資となる100万ネパールルピーをヘラロアカデミーに供与しました。

 

 
2018年11月
第33次ネパール派遣団の一環として、奨学生の選出を予定している学校(2校)を視察しました。

· Shree Basanta Basic School (サランコット近郊)

· SOS Hermann Gmeiner School Pokhara (ポカラ市街)
 

(左は、SOS Children’s Village 創始者 Hermann Gmeiner 氏の像)

 
以降の進捗および活動状況は、このブログの新しい記事で報告してまいります!